“五分試”の読み方と例文
読み方割合
ごぶだめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此方が先程から此の手紙が分らんと、幾度も読んで考えていたところだ、これは何かで、お屋敷の大事と思えば棄置かれん、五分試しにしても云わせるから左様心得ろ…
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
平常人より良い聴官を持っていなければならぬ音楽家が、次第に耳が遠くなりつつあることを発見し、それを承服しなければならないということは、五分試し一寸試しの虐殺にうようなものである。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
まだ其様なことを云うか、手前は五分試しにもせにアならん奴だ、うゝん……よく考えて見よ、奥方さま御死去になってから、お秋の方の気儘気随神原兄弟や手前達を引入れ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)