“たいまつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タイマツ
語句割合
松明65.7%
炬火21.9%
松火8.2%
1.6%
火把1.0%
焼明0.3%
松炬0.3%
焚火0.3%
焼松0.3%
続松0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは累々たる人間の骸骨で、規則正しく順々に積み上げてあった。年を経て全く枯れたる骨は、松明の火に映じて白く光っていた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
それをいくらかの金銭に代へて、何か肴と一合ばかりの泡盛を買って、女達はハブに咬まれないやうに炬火して帰って来る。
奥間巡査 (新字旧仮名) / 池宮城積宝(著)
犬の眼は、松火の焔に向って、くわっと開いているけれど、口から血を吐いているところを見ると、完全に死んでいるのである。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(貴樣、おれを殺すつもりか、大逆無道者!)とのやうな眼光で睨まれた、臆しもせず淵邊の野郎が、そのお膝をりつけ、御身體に馬乘りになつて咽喉を突きかけると
滑川畔にて (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
そして、その影は、彼の馬車が停った時に、火把の光と入れ換った。それから彼の館の大扉が彼に向って開かれた。
暑いを吸うていた鬼魅悪くほかほかしていた。その時莚包焼明を持って背の高い男が、を持った角顔の男のほうを見て
赤い土の壺 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それを聞くと莚包焼明を持った背の高い男は、首をめるようにして口をつぐんでしまった。そして、一行は無言になってへ往った。
赤い土の壺 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
監物の子作左衛門、松炬を照して父のを見て居たが、自らも従士五六十を率いて突入して果てたと云う。
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
焚火を先頭に立てゝ一本道を上つて来るので、僕は、ともかく、道の上に傘のやうに腕を伸してゐる老木の(何の木か知らないが)枝に、飛びついて、息を殺した。
今や/\とぞ待ちたりける、夜半過ぐるほどに、雨風一通り過ぎて、電火の激する事なし、くあつて比良高峯の方より、焼松二、三千がほど二行に燃えて、中に島のごとくなる物
平家の勢の中に播磨国の住人福井庄の下司、次郎太夫友方と云ふ者、続松にして、在家に火をぞ懸けたりける。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)