“たけのこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タケノコ
語句割合
95.1%
2.9%
1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このころの東京は、見渡すところ寿司屋ばかりの食べ物横丁かと思わせるほどの軒並であった。雨後どころのさわぎではない。
握り寿司の名人 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
江戸留守やはえて納戸口 露竹
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
「武家の髷節なんざ、ったほども有難くねえが、一と晩にそいつを三つも四つも切って落す手際が憎いじゃないか。縛る縛らないは別として、俺はその悪戯者の見度えよ」