“打份”の読み方と例文
読み方割合
いでたち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わずかに店の余地での綿服にがけのボオイが曹達水の給仕をしており、手狭な風月の二階では、同じ打份の男給仕が、フランス風の料理を食いに来る会社員たちにサアビスしていた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
松島はすらりとしたせ形で、上等の上布錦紗兵児帯をしめ、本パナマの深い帽子で禿を隠し、白足袋雪踏穿きという打份で、小菊や品子を堅気らしく作らせ、物聴山とか水沢の観音とか
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)