“御出立”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごしゅったつ66.7%
おんいでたち33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御出立”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
御出立ごしゅったつになるまでは、彼処あちら入用にゅうようもあるまい。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「作阿弥殿、では、御出立ごしゅったつを——」
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
こゝへあらたに入り来りし二人連れはいずれ新婚旅行と見らるゝ御出立おんいでたち
東上記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)