“僵臥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“僵臥”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
訢大いに怒り、その宅へ押し寄ると、要離平気で門を閉じず、放髪僵臥きょうがおそるるところなく
或被酒僵臥 或は酒にいて僵臥きょうが
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)