“かいまき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
掻巻78.0%
掻卷11.0%
抱卷3.0%
抱巻3.0%
小衾1.0%
掻捲1.0%
臥被1.0%
袍巻1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
栄二がもう起きるようすのないことを認めてから、おのぶは小座敷を出てゆき、掻巻を持って戻ると、栄二の躯へそっと掛けてやった。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
に、一筋でもいたら、の、蒲團掻卷朱鷺色にもともつたは、芳香つて、乳房からかせて、爛漫としてくだらうとはれた。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かす事ならずて金二分に質入せし抱卷蒲團ども其日を送る事さへ心にせねばを出す金は猶更なく其上吉之助一人口が難儀の事故夫婦は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
火桶をひき寄せ、机にれて、もの思いにっていたが、やっぱり酔っていたのだろう、そのままうたた寝をしたらしい、眼をさますと背に抱巻が掛けてあった。
竹柏記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
小衾を額の上までずうッとり上げてったなり口もきゝませんから、新五郎は手持無沙汰にお園の部屋を出ましたが、是が因果のりで、猶更お園に念がかゝり、同士とは知らずして
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
父よりも母よりも、艶子さんよりも澄江さんよりも、家の六畳の間が恋しくなった。戸棚に這入ってる更紗の布団と、黒天鵞絨半襟の掛かった中形の掻捲が恋しくなった。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
宗近の阿父さんは、鉄線模様臥被を二尺ばかり離れて、どっしりと尻をえている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
二人とも心地よさそうにをくつろげて、あぐらをかいて、火鉢を中にして煙草を吹かしている、六番の客は袍巻から白い腕をまで出して巻煙草の灰を落としては、っている。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
女は起っての上にあがった。南はぼんやりそれを見ていた。女は榻にあがって横になるなり、を取って顔の上から被った。
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)