“抱巻”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かいまき66.7%
かひまき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抱巻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
真実ほんにやり切れぬ嬢さまではあるとて見かへるに、美登利はいつか小座敷に蒲団ふとん抱巻かいまき持出でて、帯と上着を脱ぎ捨てしばかり
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「おお、寒い寒い」と、声もふるいながら入ッて来て、夜具の中へもぐり込み、抱巻かいまきの袖に手を通し火鉢を引き寄せて両手をかざしたのは、富沢町の古着屋美濃屋みのや善吉と呼ぶ吉里の客である。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
と鉄拳将に飛ばんとする時、隅の方にうづくまつた抱巻かひまきがムク/\と持上つて、面長な薄髯の生へた愛嬌のある顔が大欠伸をした。
貧書生 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
PR