“被遊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あそばされ50.0%
あそばさる30.0%
あそばさ10.0%
あそばる10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御見上げ申すも心細く存ぜられ候へば、折角御養生被遊、何はきても御身は大切に御厭被成候やう、くれぐれも念じ候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「十九日。(九月。)晴。明廿日前知事様方々様東京御引越御発駕被遊。石川御供に而出立に付暇乞に行飲。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
官兵衛孝高事、旧主小寺政職を説破。にまた伊丹へも入城。摂津守村重と対面の上、御意の儀、きっと談じ遂げ申すべく、決死きおり候えば、紛事一決期して御待ち被遊るべく。——云々。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「同日元千代様御読書御相手御用并に侍講是迄の通相勤候様にとの御事に候。右に付奥入御免被遊。」
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)