“被成候”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なされそうろう66.7%
なされさふらふ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“被成候”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
村「…益々御機嫌よく御暮おくら被成候なされそうろう御事おんこと蔭ながら御嬉おんうれしく存じあげ※」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
こう申せばそなたはお笑い被成候なされそうろうかは存じ不申もうさず候えども、手紙の着きし当日より一日も早くもとのようにお成り被成なされ候ように○○どこそこのお祖師さまへ茶断ちゃだちして願掛け致しおり候まま、そなたもその積りにて油断なく御奉公口をお尋ね被成度なされたく念じまいらせそろ
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
毎日のやうに御出おんい被成候なされさふらふて、御前様の御世話おんせわ万事被遊候あそばされさふらふ御方おんかたよしに候へば
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
折角御養生被遊あそばされ、何はきても御身は大切に御厭おんいと被成候なされさふらふやう
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)