“被成”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なされ69.2%
なさ15.4%
なさる15.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よりしき身にて候得者たとひ御手討に被成候とも何かは苦しかるべきに、一命をお助け被下し上は、かばかりの傷は物の数にても候はず
御国許電報をお被成りましては如何でござりませう。』と枕許つてました。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
お嬢さんがりついて留めてたがね。へッ被成もんだ、あの爺をう位なら、頬辺ぐらい指でいてくれるがい、と其奴がに障ったからよ。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)