“被成”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なされ66.7%
なさ16.7%
なさる16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“被成”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
匇々そう/\に札をお附け被成なされ、急ぎ御夫婦とも蚊帳の内へ御入被遊あそばされ候、尤も夜半に及ぶまでむつまじき御物語の御様子にて
ひさし御目おんめもじ致さず候中さふらふうちに、別の人のやうにすべ御変おんかは被成なされ候も、わたくしにはなにとやら悲く
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
御国許おくにもと電報でんぱうをお被成なさりましては如何いかゞでござりませう。』と枕許まくらもとすはつてました。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
芸妓げいぎくおしやくのから子供を多くお呼び被成なさるのがおすきだとさ。
七福神詣 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
へッ被成なさるもんだ、あの爺をかばう位なら、おいら頬辺ほっぺたぐらい指でつついてくれるがい、と其奴がしゃくに障ったからよ。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
当座の御費用に被成なさるべく候外記
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)