“可被成”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なさるべく87.5%
なさるべき12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“可被成”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.5%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし少しにても経済的のことならば改むるにはばからずそれらは御考にて如何様いかようとも可被成なさるべく候。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
右弐題御出詠可被成なさるべく候。此程の歌点検致し候。かしく。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
既にお手討にも可被成なさるべき御様子也、されど全く身に覚えなき事なれば大いに仰天つかまつり、さま/″\に歎き悲しみけれども更にお聴入なく、今は所詮しよせん逃れぬところと覚悟を極め候が