“レンズ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鏡玉50.0%
25.0%
眼鏡12.5%
鏡面12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
えいせいで、シイ・テツサア四・五鏡玉レンズ、千百六十分の一べうまでくシヤツタア付の、手ふだかたレフレツクス
彼等の中の二人が大きな眼鏡をかけていたが、私はその鏡玉レンズを色硝子ガラスだろうと思っていた。
それよりもをかしいのは、寫眞は、レンズによるのか、といふより撮つてくれる方の眼、または趣味、またはその人の人格——ひつくるめて藝術が現はれる。
私の顔 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
空の自然(不明)レンズなら、
秋の小曲 (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)
勇美子はもとの座に直って、机の上から眼鏡レンズを取って、くだんの植物の上にかざし、じっと見て、
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「水じゃあないの、これはこの苔が持っている、そうね、まあ、あの蜘蛛が虫を捕える糸よ。蟻だの、ぶゆだの、留まるとがさない道具だわ。あなた名を知らないでしょう、これはね、モウセンゴケというんです、ちょいとこの上から御覧なさい。」と、眼鏡レンズを差向けると、滝太郎は何をという仏頂面で、
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鏡面レンズに照して二三の改むべきを注意せし後、子爵は種板たねいた挿入さしいるれば、唯継は心得てそのちかきを避けたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
むしろ画にこそ写さまほしきを、子爵は心に喜びつつ写真機の前に進み出で、今や鏡面レンズを開かんと構ふる時、貴婦人の頬杖はたちまくづれて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)