“額田部”の読み方と例文
読み方割合
ぬかたべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
物ごころのついた頃には、平群額田部といふ所の、小さな丘のほとりの古びた家で妹と二人、乳母の手で養はれてゐた。
春泥:『白鳳』第一部 (新字旧仮名) / 神西清(著)
次に天津日子根の命は、凡川内の國の造、額田部湯坐の國の造、の田中の山代の國の造、馬來田の國の造、尻岐閇の國の造、周芳の國の造、淹知高市縣主
『七大寺巡礼記』には、この八部衆はもと額田部寺の像であって西金堂に移した後毎年寺中に闕乱のことがあるため長承(崇徳)年中に本寺へ帰したはずだが、今ここにあるのは不思議だとある。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)