“額田王”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぬかたのおおきみ50.0%
ぬかだのおおきみ25.0%
ぬかだのおほきみ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“額田王”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史40.0%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
額田王ぬかたのおおきみに送って千載せんざいの後に物議の種を残した有名な恋歌「紫のにおへるいもを憎くあらば人妻ゆゑにわれ恋めやも、」の一首は、帝の情熱的な性質を語って余蘊ようんがない。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
天智天皇、蒲生野がもうのに遊猟し給える時、額田王ぬかたのおおきみの歌った、「あかねさす紫野行き標野しめの行き野守は見ずや君が袖振る」という歌に対し、東宮の大海人皇子の答えた有名な相聞そうもんがある。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
額田王ぬかだのおおきみの歌だが、どういう時にんだものかつまびらかでない。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
額田王ぬかだのおおきみが近江天皇(天智天皇)をお慕いもうして詠まれたものである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
額田王ぬかだのおほきみなども書けるでせう、三條天皇なども好資料でせう。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)