“額田六福”の読み方と例文
読み方割合
ぬかだろっぷく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十月十二日の時雨ふる朝に、私たちは目白額田六福方を立ち退いて、麻布宮村町へ引き移ることになった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
目白の額田六福の家に立退いているあいだは、その小机を借りて使っていましたが、十月になって麻布へ移転する時、何をいても机はすぐに入用であるので
私の机 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ともかくも一度は見て置こうかと思っていると、三十日の夜に額田六福が熱海から廻って来た。額田も私の話を聴かされて、あしたの晩は一緒に行こうという。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)