新しい町あたらしいまち
あるところに、母と子と二人が貧しい暮らしをしていました。少年の名を幸三といいました。彼は、子供ながらに働いて、わずかに得た金で年老った母を養っているのでありました。 彼は、朝は、早く勤めに出かけて、午後は、晩方おそくまで働いて、帰りには、ど …
作品に特徴的な語句
へい うえ すく あや 平常へいぜい しゃ ただ がた かか おのず いそ ぶん 人数にんずう なつ あお 片側かたがわ あたま からだ おと あま あたい 手当てあ わか さき 雨脚あめあし 内部ないぶ つめ きゅう 今日きょう そそ あいだ ひら のち かれ はは えが かさ しゅ しゅ 老人ろうじん わか ゆか つつみ はな 場面ばめん なか 壁板かべいた ぱい 夕飯ゆうはん そと ほう 退 書物しょもつ 年寄としよ あか いえ 容易ようい 希望きぼう ひだり にん 空間くうかん こし そだ にく 馬車ばしゃ かんが うつく せん みどり しろ 一人ひとり れい くだ 眼鏡めがね せま もう おとこ つか 病気びょうき
題名が同じ作品
新しい町 (新字新仮名)小川未明 (著)