“隔日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちにちおき66.7%
かくじつ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殿様決して御油断はなりません、私はそれが心配でなりません、それから藤田様から参りましたお薬は、どうか隔日に召上って下さい
老爺は伐仆した木を薪にして、隔日午前に、白毛の盲目馬の背につけては、麓の町に賣りにゆく。其都度、お雪は老爺に背負はれて行く。
散文詩 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
彼はほとんど隔日には私を訪ねてきてくれた。
遁走 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)