“隔靴掻痒”の読み方と例文
読み方割合
かっかそうよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなたの胃腸のわるい原因がやっぱり胃腸から吸収されるものによって癒されるしかないことを思い、まことに隔靴掻痒の感です。
目読の興を以て耳聞のに換ゆ、然り而して親しく談話を聞くと坐ら筆記を読むと、ら写真を見ると実物に対するの違い有れば隔靴掻痒無きにあらず
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)
隔靴掻痒そのものである。投降の打合せというような場合には、それでは困るのである。