“こうりょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コウリョウ
語句割合
荒寥26.3%
荒涼25.3%
広陵7.1%
高粱6.1%
蛟龍6.1%
江陵4.0%
香料4.0%
向陵2.0%
宏量2.0%
荒凉2.0%
虹梁2.0%
蛟竜2.0%
黄梁2.0%
孔亮1.0%
孝陵1.0%
口糧1.0%
洪量1.0%
膏梁1.0%
項梁1.0%
高亮1.0%
高陵1.0%
黄亮1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この道を奥の方へと荷馬車の通うのにも出逢ったが、人里がありそうにも思えない荒寥たる感じで、陰鬱な樹木の姿も粗野であった。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
やかで面白そうな海水浴場のほうは素通りにして、荒涼とした砂っ原に降りると、大学生は上原の腕をとって、浪打際のほうへゆきます。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
曹操は、その後、朝廷に奏し、陳登を広陵の太守に任じ、父の陳珪にも老後の扶持として禄二千石を給した。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土手や並木や高粱畑の陰を伝わって、裏道から十四、五町の道程を、白川の淵のある旧市場の方へと息もつかずに走った。
蛟龍雲雨を得ましたな?」
ガラマサどん (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「千里の江陵一日に還るなんと云う句もあるじゃないか」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
香料、紙類、砂糖菓子、ハンケチ、襟巻履物缶詰、小唄集、薬類など、いろんなもののはいってる大きな背負って、村から村へといていた。
ジャン・クリストフ (新字新仮名) / ロマン・ロラン(著)
親類を怒らせ、父母を泣かせて君が決然として哲学の門に邁進したとき、私の心は勇ましく躍り立った。月日の立つのは早いものだ。君が向陵の人となってから、小一年になるではないか。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
これを聞いた家中の者は、斉広宏量なのに驚いた。しかし御用部屋の山崎勘左衛門御納戸掛の岩田内蔵之助御勝手方上木九郎右衛門——この三人の役人だけは思わず、をひそめたのである。
煙管 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
荒凉たれたは、かなしてらさんと、イワン、デミトリチの寐台ってる。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
十九年の普請というが、もとの地形にもとの手法で、以前の材が多分に用いてある。栗の木その他の天然の曲線が真率に利用せられ、ことに勝手の上の隅虹梁はりっぱな装飾である。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
を渡る時、蛟竜船を追う、舟中の人皆る、天を仰いで、嘆じてく、我を天にく、力を尽して、万民を労す、生は寄なり、死は帰なりと、を見る事、蜿蜓の如く、眼色変ぜず
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
例の盧生邯鄲の夢——黄梁の出来る間に五十年の栄華を夢みたという話なども、決して単なる偶話ではなく、私の所謂第四次元の世界を覗き
「その呼延灼にぶち負けて、さんざんなたらくの孔亮でした。なんですか、親分をよく知ってるそうで、いますぐこれへまいります」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すでに、宋江の忘れない旧情が、このようであったから、孔亮の頼みは、一議におよばず、全山の仲間からも支持されて、たちどころに
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
されども人智は有り、天意は測り難し、らんや、太祖が熟慮遠謀して施為せるところの者は、ち是れ孝陵の土だ乾かずして、北平既に起り、矢石京城雨注して
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
郡主は燕王の従姉なり。燕王かずして曰く、皇考の分ちたまえる保つわざらんとせり、何ぞ更に地をくを望まん、たゞ奸臣を得るの後、孝陵せんと。六月、燕師浦子口に至る。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
六条は、目を白黒させながら、これも同様に目を白黒させて携帯の口糧をぱくついているキンチャコフの顔を見やった。
空中漂流一週間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
やって見て功験がなければよすまでの事だ。しかし人間が自己のために設備した浴場へ異類の猫を入れるだけの洪量があるだろうか。これが疑問である。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
燕王手をって笑って、李九江膏梁豎子のみ、未だて兵に習い陣を見ず、うるに五十万の衆を以てす、自らにする、と云えるもの、酷語といえども当らずんばあらず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
宜しく他人に属すべし。事成らば封侯を得、事敗れたら逃るるにやすからんと言う。由って衆に勧めて代々名将だからとて項梁に属し、漢に帰して堂邑侯たり。
淮南子』またいう、〈鶏はまさにけんとするを知り、鶴は夜半を知る、その鳴高亮、八、九里に聞ゆ、雌は声やや下る、今呉人園囿中および士大夫家の皆これを養う
唐の判官を勤めていた李邈という人は、高陵庄園を持っていたが、その庄に寄留する一人の客がこういうことを懺悔した。
棺に娘を納めたり、最後の眠りを飾ってやるのに、何かと忠実に手伝ってくれました黄亮という執事が、その時音もなく入ってまいりました。
妖影 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)