煙管きせる
加州石川郡金沢城の城主、前田斉広は、参覲中、江戸城の本丸へ登城する毎に、必ず愛用の煙管を持って行った。当時有名な煙管商、住吉屋七兵衛の手に成った、金無垢地に、剣梅鉢の紋ぢらしと云う、数寄を凝らした煙管である。 前田家は、幕府の制度によると、 …
作品に特徴的な語句
とうと 上木かみき 如何いかが ほり うしろ ことわ わし けん しち ごおり くだ 五世ごせ 傍痛かたわらいた 古老ころう 家中かちゅう 差支さしつか おれ のち 愛着あいじゃく なま すぐ うらやま おのずか 難有ありがと 饒舌じょうぜつ 黒手くろで 一瞥いちべつ 下城げじょう うち 了哲りょうてつ てい とも いつわ つぐな 先様さきさま 入目いりめ 八朔はっさく 典故てんこ まる 刺戟しげき 加州かしゅう 半時はんとき いや 卑吝ひりん 口気こうき あき 唖然あぜん くわ うわさ ささや 四方あたり 地金じがね 坊主ぼうず 多愛たわい 大仰おおぎょう 姑息こそく 威嚇いかく 宏量こうりょう 宗俊そうしゅん 寛濶かんかつ むし あと 後年こうねん 御前ごぜん 忌々いまいま 思惑おもわく うやうや おそ 愁眉しゅうび 愛嬌あいきょう 愛翫あいがん 慶寧よしやす はばか 所以ゆえん 所謂いわゆる ほう 押頂おしいただ てのひら 数寄すき 斉広なりひろ 斉泰なりやす 朔望さくぼう 未練みれん 本丸ほんまる 本郷ほんごう 機嫌きげん あざむ 殿中でんちゅう 煙管きせる 爾来じらい はなは 癇高かんだか 登城とじょう まゆ