“宗俊”の読み方と例文
読み方割合
そうしゅん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのなかで私が新蔵について記憶している役々は「奴道成寺」の狂言師、「博多小女郎」の毛剃、「陣屋」の熊谷、「河内山」の宗俊などで
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
一路行き向かったところは、河内山宗俊でおなじみのあの練塀小路でした。
「ええ、宗俊御願がございまする。」
煙管 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)