“龍華”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
りうげ33.3%
りゅうげ33.3%
ロンホア33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“龍華”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
出入りの貸座敷いへの祕藏息子寮住居に華族さまを氣取りて、ふさ付き帽子面もちゆたかに洋服かる/″\と花々敷を、坊ちやん坊ちやんとて此子の追從するもをかし、多くの中に龍華りうげ寺の信如しんによとて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
平治の合戦に、父義朝は敗れて、都を落ちたが、その折、叡山えいざんの北の龍華りゅうげ越えのあたりで、追い来る敵へ駈け戻し、亡父ちち義朝に代って戦死したは——おこと亡父ちち、六郎義隆殿でおわした。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
西村が龍華ロンホアの桃の話をする。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)