“りうげ”の漢字の書き方と例文
語句割合
龍華100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
出入りの貸座敷いへの祕藏息子寮住居に華族さまを氣取りて、ふさ付き帽子面もちゆたかに洋服かる/″\と花々敷を、坊ちやん坊ちやんとて此子の追從するもをかし、多くの中に龍華りうげ寺の信如しんによとて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)