“繍眼児押”の読み方と例文
読み方割合
めじろお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鏡一台の前にはいずれも女が二、三人ずつ繍眼児押しに顔を突出して、白粉上塗をしたり髪の形を直したり、あるいは立って着物を着かえたり、大胡坐足袋をはきえたりしているのもある。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)