“繍仏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しうぶつ50.0%
ぬいぶつ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黙殺か。撲滅か。或は余子の小説集、一冊もに売れざるか。かず、に筆を投じて、酔中独り繍仏の前に逃禅の閑を愛せんには。昨の非を悔いを知る。須臾踟※せん。
例えば、烏賊の甲のような、有機石灰質を主材に作ったとしたら、その鉤は血中で消えてしまって、脱け出した時には、それが繍仏の硬い指尖に化けてしまうだろう。
夢殿殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)