島木赤彦臨終記しまぎあかひこりんじゅうき
大正十五年三月十八日の朝、東京から行つた藤沢古実君が、柹蔭山房に赤彦君を見舞つた筈である。ついで摂津西宮を立つた中村憲吉君が、翌十九日の午ちかくに到著した筈である。廿日夜、土屋文明君が東京を立つた。 翌廿一日の午過ぎに、百穂画伯、岩波茂雄さ …
作品に特徴的な語句
なほし あひ ばん 顔貌がんばう こう 上野かみつけ ゆるし しも さむらひ いつはり 夕餐ゆふさん 俯伏うつぶし をんな くは 看護みまも 終焉しゆうえん くらびる ほほ きやう かうべ 仰臥ぎやうぐわ それ しき 口脣こうしん のど うなり あて 宿とま なほ 居合ゐあは いは 朋友ほういう らく 歿ぼつ 浮木うきぎ グラム 疾病しつぺい 縦横じゆうわう 茶話ちやわ さは 起臥きぐわ 附加つけくは 障礙しやうがい 鬚髯しゆぜん 一夜いちや 一寸ちよつと 会釈ゑしやく 初瀬はつせ いと かた 大腿だいたい さい ことごと 屹度きつと おれ かたじけな 愁眉しうび 旅舎やど 枕頭ちんとう 点頭うなづ 為様しやう 瑞穂みづほ 田鶴たづ をとこ さかひ まば 病牀びやうしやう 真白ましろ まなこ ひそ あつ かん 脈搏みやくはく 脊梁せきりやう おほ 諧謔かいぎやく 起直おきなほ 髣髴はうふつ こひ 黄疸わうだん 一瞥いちべつ 一言ひとこと 万古ばんこ 三吉さんきち 上社かみしや 下野しもつけ 両角もろずみ しか 信濃しなの 俯伏うつぶ そば まま ひる