“両角”の読み方と例文
旧字:兩角
読み方割合
もろずみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
両角 僕は、両角です。さつき犬の問題がでましたが、僕は、近所の鶏に迷惑をしてゐます。人の家の庭へはひり込んで草花の芽をほぢくる。
犬は鎖に繋ぐべからず (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
諏訪の田中一造、五味繁作、森山汀川、両角喜重、丸山東一、藤森省吾、両角丑助、堀内皆作の諸君。東京から来た金原省吾、白水吉次郎、鹿児島寿蔵の諸君。
島木赤彦臨終記 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
又右には両角豊後内藤修理が田中附近に陣した。
川中島合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)