“紹介者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せうかいしや66.7%
しょうかいしゃ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前年ねて来たのが、神田南乗物町吉岡書籍店主人理学士吉岡哲太郎です、文壇に立つにいては、前後三人紹介者したので、の第一が吉岡君
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
しかしには一や二洋行したことのあるNやM、Sのやうな劇団人々もあつたし、アメリカにくゐたM、Kなどもゐた。その紹介者のKにR国語るのであつた。
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
なお附近にはの小川、うたたねの橋、柴橋等の名所もあって、遊覧かたがた初音の鼓を見せてもらいに行く者もあるが、家重代の宝だと云うので、るべき紹介者から前日にみでもしなければ
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)