“内談”の読み方と例文
読み方割合
ないだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
み候へ彼地は至て邊鄙なれば家業もなり夫故此度同所を引拂ひ少々御内談も致度事これありて伯父上御許態々遠路
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
内談も既にきまり候に、浄光寺の住職へは改めて挨拶致し、両三日中には抹香臭き法衣はサラリとぬぎ捨て申すべき由。
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
市五郎がその後、しばしば伊太夫の許へ出入りする間に、伊太夫に向って一つの内談を持ち込みました。内々で伊太夫が何というか、それを聞いてみたいような口吻であります。
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)