“金雀枝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えにしだ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金雀枝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
そこには、数株の金雀枝えにしだがいっぱい花をつけて、紙面と磯五の顔とに黄いろく照りはえていた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
停車場の棚に金雀枝えにしだがいっぱい咲いていた――三浪津さんろうしんの駅。