“金雀枝”の読み方と例文
読み方割合
えにしだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今をさかりの花蘇枋粉米桜連翹金雀枝辛夷や白木蓮の枝々を透してキラキラ朝日がかがやきそめてきていた。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
すると、それには対流の関係で、下行する気流が起る道理だから、当然頭上の金雀枝の花弁はあたりに散らばらず、その気流なりに、裳裾の中へ落ちて行くだろう。
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そこは、畳のじめじめする、うす暗い部屋だ。半間の床の間に、投げ入れた金雀枝がさしてあった。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)