“金雀児”のいろいろな読み方と例文
旧字:金雀兒
読み方割合
えにしだ75.0%
エニシダ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金雀児、チユーリツプ、花菱草、シヤスターデージー、松葉菊、王不留行チユニヤなど——そしてこれ等の花々は白、紅、紫、橙いろ
花は勁し (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
金雀児?」と彼女はそれを引き取った。私達は今度はそっちの茂みの前に移っていった。
風立ちぬ (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
白堊の家はつらなり、大理石はいみじき光りに、琅玕のように輝いている。その前通りの岸には、椰子の並木が茂り、山吹のような、金雀児のようなミモザが、黄金色の花を一ぱいにつけている。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)