“金雀児”の読み方と用例
旧字:金雀兒
読み方(ふりがな)割合
えにしだ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金雀児”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
金雀児えにしだの生垣に挟まれた表現派風の可愛いポーチには、奇妙に大きなカイゼル髭を生した一人の警官が物々しく頑張っていたが、大月が名刺を示して夫人から依頼されている旨を知らせると
〔出典〕花束の虫(新字新仮名)/大阪圭吉(著)
金雀児えにしだ、チユーリツプ、花菱草、シヤスターママデージー、松葉菊
〔出典〕花は勁し(新字旧仮名)/岡本かの子(著)