“金雀児”のいろいろな読み方と例文
旧字:金雀兒
読み方(ふりがな)割合
えにしだ75.0%
エニシダ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金雀児えにしだ?」と彼女はそれを引き取った。
風立ちぬ (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
桂子がうつら/\と夢に入り夢を出るすれ/\の境に、ポツピー、ルピナス、小判草、躑躅、アスター、スヰートピー、アイリス、鈴蘭、金魚草、アネモネ、ヒヤシンス、山吹、薔薇、金雀児えにしだ、チユーリツプ、花菱草、シヤスターママデージー
花は勁し (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
金雀児えにしだの生垣に挟まれた表現派風の可愛いポーチには、奇妙に大きなカイゼル髭を生した一人の警官が物々しく頑張っていたが、大月が名刺を示して夫人から依頼されている旨を知らせると、急に態度を柔げ、大月の早速の問に対して、岸田直介の急死はこの先の断崖から真逆様に突墜つきおとされた他殺である事。
花束の虫 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
その前通りの岸には、椰子やしの並木が茂り、山吹やまぶきのような、金雀児エニシダのようなミモザが、黄金色の花を一ぱいにつけている。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)