風立ちぬかぜたちぬ
Le vent se lève, il faut tenter de vivre. PAUL VALÉRY それらの夏の日々、一面に薄の生い茂った草原の中で、お前が立ったまま熱心に絵を描いていると、私はいつもその傍らの一本の白樺の木蔭に身を …
作品に特徴的な語句
父親ファタア つば 影像イマアジュ おお もたれ とざ いで 痙攣ひっつ まだ おそ しきみ あしら ひざま かがや 脆弱ひよわ へり くう のど 独自ユニイク しゃが いま しず 不審いぶか 鰥暮やもめぐ 雪崩なだ 躊躇ためら ばか すすき はぐく おい かげ はず 禍害わざはひ 無躾ぶしつ やみ 揶揄からか 微温なまぬる そこな こご 半巾ハンカチ ごえ にわ かつ 谿流けいりゅう もと わけ いぶか 覚醒かくせい さと 見畢みおわ うち かぶ 蝋燭ろうそく あぶ よみがえ 藍色あいいろ わら 刹那せつな ふけ いや 縊死いし もつ まと わな 羊歯しだ おろ 羽搏はばた 羽摶はばた かえ 勿体もったい 茫漠ぼうばく 茜色あかねいろ 苛酷かこく つぼみ