“大葉子”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
オホバコ66.7%
おおばこ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大葉子”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学9.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
調伊企儺ツキノイキナの妻大葉子オホバコも神憑りする女として、部将として従軍して、とりこになったものと考えられる。
〔出典〕最古日本の女性生活の根柢(新字新仮名)/折口信夫(著)
調伊企儺ツキノイキナの妻大葉子オホバコも神憑りする女として、部将として従軍して、俘になつたものと考へられる。
〔出典〕最古日本の女性生活の根柢(新字旧仮名)/折口信夫(著)
道には朽ち葉が落ちた。ぴンと立った大葉子おおばこの穂が草鞋わらじに蹴られて小さな実を散らした。
〔出典〕石狩川(新字新仮名)/本庄陸男(著)