“神色自若”の読み方と例文
読み方割合
しんしょくじじゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歯までが、乱杭歯で、黄いろくて、汚い口であるが、その顔は神色自若として、わずかの愛嬌さえたたえていた。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
暫く経文を唱えて居られたが神色自若として少しも今死に臨むという状態は見えない。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
神色自若としていた。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)