“光風霽月”の読み方と例文
読み方割合
こうふうせいげつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「その歯一本さ。歯一本と真正に悟れば、虚心坦懐光風霽月抜いて貰いながら所得税の申告も書ける。そこまで行かなければ駄目だよ」
小問題大問題 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
光風霽月、さきほどまでのことには何のこだわりもない明るいお声です。見上げる退屈男の目に光るものがわきました。
一切の国政をみな家臣にまかせて、光風霽月を友とし、九年の間も、この高楼から降りないせいか、老公の耳朶には、童顔のうちに一種の仙味がある。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)