“虚心坦懐”の読み方と例文
読み方割合
きょしんたんかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう一つ、虚心坦懐なリストは、自分の先輩や友人達や、後輩の歌曲、管弦楽曲などを編曲して、幾多の珠玉的な傑作をしている。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
「その歯一本さ。歯一本と真正に悟れば、虚心坦懐光風霽月抜いて貰いながら所得税の申告も書ける。そこまで行かなければ駄目だよ」
小問題大問題 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
常臥しの身の、臥しながら見るかな境地である。主観排除せられて、虚心坦懐の気分にぽっかり浮き出た「非人情」なのではなかろうか。
歌の円寂する時 (新字新仮名) / 折口信夫(著)