“をさめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヲサメ
語句割合
40.0%
20.0%
童女20.0%
老女20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尤も、同じ家の離屋はなれに、小姑こじうとをさめも祭を嫌つて留守をして居るとは知る由もありません。
「その氣なら、遠慮のないところを訊きますが、第一、殺されたをさめさんを怨んでゐる者はありやしませんか」
そり(字彙)禹王うわう水ををさめし時のりたる物四ツあり、水にはふねりくには車、どろにはそり、山にはかんじき
にほや、に淨めの童女をさめ
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
使ひ老女をさめしろ鷺、
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)