“あまね”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アマネ
語句割合
39.0%
36.3%
10.3%
4.1%
4.1%
1.4%
1.4%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若し我邦の假名遣が廣く人民間に行はれて居なかつたならば、それは教育がく行はれて居らぬ爲めであらうと思ふのであります。
仮名遣意見 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
法然上人が諸宗に通達しているということが、人口にくなった上右の慶雅法橋が御室(鳥羽院第五の皇子覚性法親王)の御前で
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
くし衆を和するも、てし、を造りをおこすも、に於てす、其に懲り、以て善にり、其儀をむをぶ、といえり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
逍遙はく世間に向ひて談理を後にせしめむとせしにあらずといふ。こは談理を後にし、記實を先にすといふ自説を自比量なりとするなり。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
還俗は医者をめることなのです。つまり僧と同じ扱いなのでしょう。後に男爵西となったのはこの人でした。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
をしてくにしてせしむ。令史ひて、にありなる匐隱れぬ。須臾してはやりてゆらりと手綱掻繰るに、したり、るべきものなし。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ち他事を以て溥洽をめて、して給事中胡濙に命じてく建文帝を物色せしむ。を久しくして得ず。溥洽してがるゝこと十余年、に至りて帝道衍の言をて命じて之をさしむ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
家主、職は柱下に在りとも、心は山中に住むが如し。官爵は運命に任す、天の工し矣。寿夭乾坤に付す、ることや久し焉。と内力少し気燄を揚げて居るのも、ウソでは無いから憎まれぬ。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
微力其任に堪へずと雖も、当代の人目を聳動したる雄篇鉅作は問ふを待たず、く江湖に散佚せる万顆零玉細珠を集め、一も遺漏無からんことを期せり。
「鏡花全集」目録開口 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ワガ友長子肇、カツテ茗黌ニ寓シ、アマネク諸老先生ノ門ニ遊ブ。今駒籠ニ下シ、ク江湖知名ノ士ニ交ル。博ク近詩ヲ採リ佳什麗篇ヲ得レバ蒐羅シテ措カズ。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
より英明の主、威徳宇宙にく、万国の帰嚮するに至る者は、其胸襟闊達、物として相容れざることなく、事として取らざることなく、其仁慈化育の心、天下と異なることなきなり。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
二十年を経て漸く大悟徹底し、爾後四十年間、衆生を化度した、釈尊も八十歳までの長い間在世されたればこそ、仏日く広大に輝き渡るのであろう、孔子も五十にして天命を知り
死生 (新字新仮名) / 幸徳秋水(著)