“給事中”の読み方と例文
読み方割合
きゅうじちゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
給事中胡濙内侍朱祥とが、永楽中に荒徼を遍歴して数年に及びしは、巻二百九十九に見ゆ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ち他事を以て溥洽をめて、して給事中胡濙に命じてく建文帝を物色せしむ。を久しくして得ず。溥洽してがるゝこと十余年、に至りて帝道衍の言をて命じて之をさしむ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)