“給事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きふじ33.3%
きゅうじ33.3%
みやづかえ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
て先兎も角も對面せんと大膳案内させければ吉兵衞左京の兩人は天忠和尚に對面にぞ及びたり此天忠の弟子に天一と云ふ美僧あり年は廿歳許なり三人へ給事などして天忠のらにへける此時天忠は天一に向ひ用事べし夫迄臺所へ參り居よとば天一は勝手へと退きける強慾の天忠は兩人に向ひ委細の事は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
とうとう四日目の朝飯の給事をさせている時、汁椀の中へ栂指を突っ込んだのを見て、「もう給仕はしなくても好いから、あっちへ行っていておくれ」
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
当方からお給事をしようと云うんじゃなし、第一欲しいと仰有ったって、差上げるやら、平に御免を被るやら、その辺も分らないのに、人の大切な令嬢を、裸体にして検査するような事を聞くのは
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)