“栂指”の読み方と例文
読み方割合
おやゆび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
武蔵は、栂指の爪を噛んで、じいっと、矢の飛ぶのを見ていたが、突然、柵のほうへ走って、飛鳥のように外へ躍り越えた。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
誰かが戯談半分にからいたものだ。すると、酔つたまぎれの久米氏はいきなり栂指をもつて蜜柑をむりやりに口の中に押し込んでしまつた。
とうとう四日目の朝飯の給事をさせている時、汁椀の中へ栂指を突っ込んだのを見て、「もう給仕はしなくても好いから、あっちへ行っていておくれ」
(新字新仮名) / 森鴎外(著)