“ふくらはぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
脹脛35.5%
22.6%
太脛19.4%
腓腸9.7%
腓脛6.5%
3.2%
膝脛3.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にんじんは、あおざめ、腕を組み、そして首を縮め、もう腰のへんがあつく、脹脛ふくらはぎがあらかじめひりひり痛い。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
酔つた視線の中の敵とは、彼の足の脹脛ふくらはぎを目がけて土埃りをあげ、頸毛をふくらませて突進してくる一羽の牝鶏であつた。
小熊秀雄全集-15:小説 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
彼女の動作は、大きく弱々しく、ほどよく伸びたふくらはぎが、いまにも折れそうになっていく。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
イワン・フョードロヸッチはひどく夢中になつて、さうしたものに見惚れてゐたが、馭者台から降りたばかりの猶太人のふくらはぎ斑犬ぶちいぬが噛みついた時、はじめて我れに返つた。
飄然ひょうぜんとして橋を渡り去ったが、やがて中ほどでちょっと振返って、滝太郎を見返って、そのまま片褄かたづまを取って引上げた、白い太脛ふくらはぎが見えると思うと、朝靄あさもやの中に見えなくなった。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とひょいと立つと、端折はしょった太脛ふくらはぎつつましい見得みえものう、ト身を返して、背後うしろを見せて、つかつかと摺足すりあしして、奥のかたへ駈込みながら、
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
スパニアの長靴で腓腸ふくらはぎを締め附けられたように、
イワンの足が腓腸ふくらはぎまで見えなくなつた。
柿本は、腓脛ふくらはぎが、ぴく/\、ぴく/\と顫えた。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
私は往來では婦人の腓脛ふくらはぎばかり見てゐて、顏は見なくとも腓脛を見てお腹は何時も一杯になつてゐた。
巷の子 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
そこで血管末端が膨脹して、神經末端を壓迫する樣になるから、ふくらはぎ腿肚うちもゝくるぶしあたりが痛んで來て、手指で之を押せば大に疼痛を感ずるに至る。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
それを行灯袴あんどんばかまに、膝頭ひざがしらまでって、たてひだを置いたから、膝脛ふくらはぎは太い毛糸の靴足袋くつたびで隠すばかりである。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)