“ふくらはぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
脹脛35.5%
22.6%
太脛19.4%
腓腸9.7%
腓脛6.5%
3.2%
膝脛3.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にんじんは、あおざめ、腕を組み、そして首を縮め、もう腰のへんがあつく、脹脛ふくらはぎがあらかじめひりひり痛い。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
酔つた視線の中の敵とは、彼の足の脹脛ふくらはぎを目がけて土埃りをあげ、頸毛をふくらませて突進してくる一羽の牝鶏であつた。
小熊秀雄全集-15:小説 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
ある一定の時において、次の瞬間にそのふくらはぎがどうなるか予言せよと云われても、何人にも出来なかったに相違ない。
彼女の動作は、大きく弱々しく、ほどよく伸びたふくらはぎが、いまにも折れそうになっていく。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ただ一重の布も、膝の下までは蔽わないで、小股をしめて、色薄くくびりつつ、太脛ふくらはぎが白くなめらかにすらりと長くながれに立った。
夫人利生記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
足くびの時なぞは、一応は職業行儀に心得て、太脛ふくらはぎから曲げて引上げるのに、すんなりと衣服きものつまを巻いて包むが、療治をするうちには双方の気のたるみから
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それから戸口へ廻る時、実際行潦ぬかるみへ左の足を腓腸ふくらはぎまで蹈み込んだ。
腓腸ふくらはぎ贋物にせものを食っ附けて歩いているのよ。
私は往來では婦人の腓脛ふくらはぎばかり見てゐて、顏は見なくとも腓脛を見てお腹は何時も一杯になつてゐた。
巷の子 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
柿本は、腓脛ふくらはぎが、ぴく/\、ぴく/\と顫えた。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
そこで血管末端が膨脹して、神經末端を壓迫する樣になるから、ふくらはぎ腿肚うちもゝくるぶしあたりが痛んで來て、手指で之を押せば大に疼痛を感ずるに至る。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
それを行灯袴あんどんばかまに、膝頭ひざがしらまでって、たてひだを置いたから、膝脛ふくらはぎは太い毛糸の靴足袋くつたびで隠すばかりである。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)