“脇路活栓”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
バイバッス50.0%
バイバッス・コック50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“脇路活栓”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
加減弁レギュレーター把手ハンドルを扱うのにも彼はこのように引いたとか、いくら注意しても脇路活栓バイバッスを蹴飛ばしてばかりいたとか、前方の注視には心持ち首をかたむけているのが癖であったとか、どれもこれもなつかしい記憶のみである。
脇路活栓バイバッス・コック排水弁ドレイン・ヴァルヴの操作法、空転時の処置、車輛の多寡に伴う経済運転法又は機械部分の点検法等々の機関士作業の実際は