“東寔”の読み方と例文
読み方割合
とうしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
待ちかねていた——二人してを望むように待っていた東寔愚堂和尚が、ふらりと、旅よごれのまま、八帖寺へ見えたのである。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いろいろ首をひねった揚句、ありあわせの禅林諸家の名や、仏家人名辞書までひっぱり出してみたが「東寔」という僧名はいっこう見あたらない。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いったい東寔とはどこのいつ時代の僧か、また、前法山とは何の意味か、ひとつ君の該博を以て調べてくれないかと依頼しておいたが、なかなか返辞が来なかった。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)