“喫烟”の読み方と例文
読み方割合
きつえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ手持ち無沙汰なのをまぎらすばかりの煙草なので、この二三日の喫烟のために、私は舌をすっかり荒らしているのだ。
遠野へ (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
りて仕合好しと、貫一は打労れたる身をかに、障子の月影に肱枕して、喫烟りたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
亜喇伯夜譚』に名高いアラジンが晶燈さえせば現れた如意使者、グリンムの童話の廃兵が喫烟するごとに出て、王女を執り来った使者鬼など、万事主人の命に随うたが