“ささい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
些細91.4%
瑣細7.9%
些少0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どんな些細なことでも見逃さないで、例えば、兄は手拭を絞る時、右にるか左に捩るかという様なことまで、れなく調べました。
只興奮しているために、瑣細な事にも腹を立てる。又何事もないと、わざわざ人をんで詞尻を取って、の動機を作る。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「ええ、いいえ、些少の。何、お前さま。何かその、に用事で。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)