“同情者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうじょうしゃ50.0%
シンパ25.0%
シンパサイザア25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの通話者は、いったい何者だろうか。同情者なのであろうか。それとも脅迫者がみずから電話をかけてきたのであろうか。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そういう部屋に落付くと、直ぐ○○君がやって来て「ここは私の同情者でしてね、重宝ですよ」と笑った。
一九三二年の春 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
みなさんはもちろんよく承知していられる通り、日本共産党の同情者であることは悪いことでもないし、恥しいことでもないと思います。