“とどろき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
81.8%
等々力18.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とどろき昌仙しょうせんのやからがうたがわしげに反省をもとめても、がんとしてきかず、秘法の星まつりを行うべく
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかも、その痩身的な努力をみても、すでに法水自身が、水底のとどろきに耳を傾けていた一人だったことは、明らかであると思う。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
丹波につぐ高弟、岩淵達之助いわぶちたつのすけと、等々力とどろきないのふたりが、門ぎわに立ちあらわれました。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
その音を聞きつけて、次の間から、岩淵達之助いわぶちたつのすけ等々力とどろきないの二人が、あわただしく走りでてきて、
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)