“よって”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヨッテ
語句割合
依而75.0%
25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一 私儀わたくしぎ狂言作者志望につき福地先生門生もんせい相成あいなり貴座きざ楽屋へ出入被差許候上者でいりさしゆるされそうろううえは劇道の秘事楽屋一切の密事決而けっして口外致間敷いたすまじく依而よって後日ごじつのため一札如件いっさつくだんのごとし
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
当村、新免無二斎しんめんむにさいの遺子武蔵たけぞうこと予而かねて追捕ついぶお沙汰中の所、在所の山道に出没し、殺戮さつりく悪業いたらざるなきを以て、見当り次第成敗仕る可者也べきものなり依而よって、武蔵調伏に功ある者には、左之通り、御賞おんしょう下被くださる
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
公重民事之盛意、而可臣僚不啻、封内民人大幸福也、よって其事於冊尾云。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)